アメリカのクリスマス

<% article_category.name %>

今日のアメリカ雑学は、アメリカのクリスマスについて

書いていきたいと思います!

アメリカの町並みはクリスマス時期になると

とても華やかで美しいイルミネーションが至る所に

飾り付けられます!!!


イルミネーションに関して日本と違うところは、

商業地やお店が主にイルミネーションや飾り付けをしている

日本に対して

アメリカは商業地やお店もさることながら

個人の家にイルミネーションや飾り付けを

施して美しい町並みを形成しているところです^^

日本のクリスマスは商業的なイベントに対して

アメリカのクリスマスは宗教的なイベントであると

いえると思います。


日本のクリスマスといえばカップルがデートを楽しんだり、

恋人達にとって大切な日という意味合いが強いですが、

アメリカのクリスマス当日は自宅で大切な人と

一緒に過ごすのが一般的なので

街は意外と静かなものなのです!!!


アメリカ人にとってはクリスマスとは

自分にとって大切な人と共に過ごし、

感謝をし、お互いの愛を確かめ合う日なのかも知れませんね^^


皆さんも良いクリスマスをお過ごし下さいね^^
posted by アメリカ雑学ウォーカー at 10:16 | アメリカ雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカ流円周率の覚え方

<% article_category.name %>

今回のアメリカ雑学は、アメリカ流の円周率の覚え方に

ついて書きたいと思います!

国が違えば、勉強の教え方などが違いのは当たり前ですが

その中でも私がホームステイしていた時に、デービッドという

かわいい小学生に聞いた話を紹介します^^

日本の円周率は単に3,14と覚えますが、

アメリカでは Yes,I know a number と覚えるそうです!

Yes,I know a numberという文字数が

円周率に対応しているんですね^^

すなわち3,1415となります♪

アメリカ小学生は円周率は3,1415で計算しているんでしょうね!

最近の日本の小学校の教育では、円周率は3として計算するという

話を聞いた事があります。

テストで難しい計算は電卓を使っていいとも聞きますし・・・

これからの日本を担っていく子供たちは大丈夫なのでしょうか!?

インドでは掛け算は19×19まで覚えるらしいですよ!

その結果として現在インドに優秀なプログラマーなど

優秀な人材が多数存在するのでしょうね。

これからの日本の若い世代にも期待したいですね^^
posted by アメリカ雑学ウォーカー at 17:04 | アメリカ文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカドルのドルはバックス?

<% article_category.name %>

今日のアメリカ雑学はアメリカ旅行やアメリカ留学した時に

すぐに使える豆知識を紹介します^^

実際に私の実体験においても、アメリカに行ってすぐにぶつかった壁と

いうか、頭が???になった事です。

みなさんはアメリカに行かれたら必ず何かお買物をしますよね?

例えば合計10ドルの買い物をした時

そのお会計の時に、店員は10ダラーズ(dollars)と言わずに

10バックス(bucks)という事が多いです!!!

アメリカ英語の口語ではドルをバックという事が多いです!

私は最初聞いた時は、10バックスと言われた時に

10ボックスと聞こえて「10個の箱がどうしたんだ?」と

少しテンパッてしまいした・・・^^;

本当にどこでも耳にする事があるので、是非覚えていてくださいね^^

ちなみに「buck」とは、インディアン(ネイティブ・アメリカン)が

昔、白人と取引する際に貨幣の代わりに鹿の皮(buck)を使った事が

語源になっているそうですよ!!!

そのほかのアメリカのコインにも、〇〇セントコインという他にも

別の呼び方があるので次回にでもご紹介しようと思います^^
posted by アメリカ雑学ウォーカー at 10:46 | アメリカのお金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。