トラブルは一大事?

<% article_category.name %>

今日の雑学は、前回好評だった

言葉の雑学を紹介します!!!

前回の言葉の雑学は、記事のカテゴリの

「英語と日本語の違い」にあるので、

まだ読んでない人は、是非読んでくださいね!


もはや日本語と言っても過言ではない

「トラブル」について紹介します!!!


皆さんも何気なく「トラブッた」とか

使ってませんか?


「トラブル」の意味は

問題とか問題が発生するという意味ですが、

同じような意味を持つ単語で

「プロブレム」という言葉があります。


どちらも日本人になじみ深い言葉ですが、


アメリカではこれらは、使い分けられます!


アメリカで「トラブル」と言えば、

かなり重大で深刻な問題という意味を持ちます!!!


「プロブレム」はそんなに重大ではない問題となります!!!


なので、日本人が使っている「トラブル」は

「プロブレム」という、意味合いが強いです!!!


海外に行って何か問題が発生した時には

これらの意味を知った上で使い分けましょう!!!


日本で使っているようにトラブルを

使うと混乱を招きかねませんよ!!!



posted by アメリカ雑学ウォーカー at 22:35 | Comment(0) | 英語と日本語の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アパートがマンション?

<% article_category.name %>

和製英語には、英語と意味が違ったり、ニュアンスが

違うものがあります。

英語圏に行ったときには、それらの違いを知らないと

話が食い違ったり、更には人間関係もおかしくしかねないのです!!!


今回は、名詞の意味が違う例です。


日本では集合型の賃貸住宅を

「アパート」とか「マンション」とか言いますけど、

皆さんは違いが分かりますか?


アメリカでは集合型の賃貸住宅はすべて「アパートメント」といいます。


英語で「マンション」とは、庭付きプール付きのような豪華な家を意味します。


なので、マンションに住んでいると言うと金持ちだと思われます。


日本でアパートがマンションと言われる様になったのは、


高級なアパートという意味で売り出したのが定着したと言われています。


正しい英語を使わないと、思わぬトラブルになりかねないので気をつけましょう!!!


次回は、

今も何気に使った「トラブル」の誰もがハマる間違った使い方

を紹介します!!!
posted by アメリカ雑学ウォーカー at 10:39 | 英語と日本語の違い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。