アメリカのガソリンも激高!

<% article_category.name %>

今日のアメリカ雑学は

アメリカのガソリンの価格について

書きたいと思います!!!


今回のアメリカ雑学はいつもと趣旨が違い、

雑学というより最新ニュースです!!!


私が十年ほど前にアメリカに住んでいた時は

1リットル当たり30〜40円位だったと思います!
(アメリカはガロン表示なので、リットルでは正確にわかりませんが)

このブログでもくどいほど書きましたが、

アメリカは車社会なので

ガソリンが高いと生活に直撃します!!!

なのでガソリンは安く設定してあったのです!!!


しかし先日のニュースを見ていたら

カリフォルニア州南部で

ガソリン1リットルおよそ140円だというのです!!!


10年前からすると4倍位に跳ね上がっています!


アメリカでは車を使わないという事は

不可能に近いので、

カリフォルニア州南部の人は

どうやって節約しているかと言うと、

国境を越えてメキシコまでガソリンを

入れに行くみたいです!!!


メキシコではガソリン1リットルおよそ80円なので

かなり割安です!!!

メキシコではガソリンの値段の半分くらいは

政府の補助なので安いんです!!!


メキシコに簡単に行けるの?と

疑問に感じた人は是非バックナンバーを

読んでみてくださいね!!! 答えがありますから☆


メキシコのガソリンスタンドのおっさんは

チップが増えていい事だと

喜んでいましたが、

このニュースを聞いてより一層

これからのアメリカに不安が募りました・・・


世界のリーダー アメリカは

今は存在しないのかも知れません・・・










posted by アメリカ雑学ウォーカー at 23:06 | アメリカのガソリンスタンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アメリカのガソリンスタンド

<% article_category.name %>

今日はアメリカのガソリンスタンドの

話をしたいと思います!!!


日本では、ガソリンスタンドとかガススタと言いますが、


アメリカでは、ガスステーションといいます!!!


ガソリンスタンドとかガススタと言っても

通じないと思いますので、覚えといた方がいいですよ!!!


そしてアメリカのガソリンスタンドは

全部と言っていいほど、セルフサービスばっかりです。


ガスステーションは、コンビニなどと

一緒になっていることが多く。


そこの店員に自分の給油場所の番号を告げ

お金を払って、はじめてガソリンが出るようになってます!


深夜になると

さすがに犯罪大国アメリカだけあって、

コンビ二の中には入れなくなります、

ガソリンや食料が欲しいときは

夜間専用の窓口があるので

そこで注文します。


*夜間専用窓口とは、わかりやすく言うと
  
 パチンコ屋のしらいしみたいな感じです。

 完全防弾で日本のとはセキュリティーに差がありますけど・・・

 お金をやり取りする最低限の大きさの小窓があり

 会話はマイクを通してします。


アメリカに旅行すると車を使う機会が

あるかと思います。


公共の乗り物では時間がかかりますし、

行きたいところに行けなかったりしますから・・・


なので是非、覚えといてくださいね!!!


バックナンバーにも、車関係の記事を

書いてますので

気になる人は、合わせてどうぞ!!!





posted by アメリカ雑学ウォーカー at 18:43 | Comment(0) | アメリカのガソリンスタンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。